スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お空への旅立ち

2014.12.12.Fri.20:00
11月2日 14時
葬儀担当の方が自宅へ

えるを棺に移し、お花や大好きだったぬいぐるみ
おやつ、私たちの写真を手に持たせた。

両手を合わせ、握りしめるような感じになっていたので
私たちの写真を大事に持っているような
そんな気がしてたまらなかった。

える、私たちの大好きなえる
えるの体が小さ過ぎて、一番小さなサイズの棺も大きかったね

16時
お迎えの車で火葬場へ到着


住職によるお経が始まり、えると最後のお別れ
冷たくなったえるの体
えるの頬が濡れていた・・・
一粒の涙

それは体液だったのかもしれない
でもね「ありがとう」って聞こえた気がしたよ

える38

人間は見返りを求めるが
動物は無償の愛を与えてくれる。

あなたたち家族に無償の愛を与えてくれた愛犬は
魂となって、あなたたち家族を見守ってくれることでしょう。

あなた方も、これからの人生
人に対し無償の愛を与えてください。
お経が終わり、頂いたお言葉だった。


小さな小さな体になって
小さな小さな骨となって

える、私たちは絶対に忘れない。
たくさんの愛をありがとう。

私たちの家族になってくれてありがとう。
またいつか、生まれ変わりがあるとするならば
絶対に私たちの家族になってね

その日まで待ってるから・・・



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村


※今年、我が家は喪中につき、年賀状は控えさせていただきます。
大変申し訳ありません。



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。